包茎手術の種類と保険適用について

日本人男性のおよそ半数は程度の違いこそあれ、何らかの包茎に悩んでいると言われており、真剣に手術を受けるべきか考えている人が少なくありません。包茎手術を受けようかどうしようかと考えたときに知っておきたいのが、保険診療が適用になる手術とそうでない手術があるということです。
日本人男性の大半を占めるとされる仮性包茎は、性交時には問題がないために病気とみなされないことから、保険診療による包茎手術の対象外となるのが特徴です。保険診療で認められるのは、手術によって治療をしなければ生活に支障をきたす、病気を発症する可能性があるとみなされた場合に限られます。
この条件に該当するのが真性包茎とカントン包茎で、病院で包茎手術を受けた場合の診療費の相場は3割負担で済み、金額にするとおよそ1~3万円といったあたりです。ただし、保険診療が受けられる場合でも傷を残したくないなら自己負担で手術をするという選択もあります。

自己負担で包茎手術を行う場合の費用とは

包茎手術を保険診療で行うのは泌尿器科で、主に背面切開法か環状切開術のどちらかになると考えていいでしょう。背面切開法はとりあえず包皮に切れ目を入れるだけの手術のため、費用はそれほど高くつかないのがメリットですが、完全に包茎を治すものではなく仮性包茎にすることで病気を阻止し、生活に支障をきたさないようにする手術となります。
一方の環状切開術は環状という名の通り、陰茎の周りに切れ目を一周入れてから縫い縮める手術です。切開して縫い合わせるために傷が残るのが特徴で、さらに切開法に比べて痛みも伴います。傷跡が気にならない人なら保険診療なら費用は安くなりますが、保険診療の安さを優先させて費用面から泌尿器科によって受けた手術が、思いのほか目立つ傷跡になって後悔するということも少なくありません。
形成外科や美容外科は全額自己負担となりますが、非常に丁寧に縫合を行うために傷跡はほとんど目立たず、痛みも抑えてくれます。仮性包茎の場合の費用はおよそ8~16万円、真性包茎及びカントン包茎ならだいたい20万円程度が費用の相場となっています。

まとめ

真性包茎及びカントン包茎で包茎手術が必要だという場合には、医療機関における保険診療での手術と形成外科や美容外科による専門医療機関による手術のいずれかの選択になります。
費用の面でいえば医療機関は1~3万円が相場で非常に安く、形成外科や美容外科では20万円程度と大きな開きとなってくるのが特徴です。その代わり、痛みや傷の残り方においても大きな差が生じることから、どちらを選ぶかによって費用に対する考え方も変わってきます。