包茎手術「亀頭直下埋没法」の費用相場

気軽に包茎手術を受けることができます

包茎手術を受ける人は多く、亀頭直下埋没法を利用するケースがあります。最新の麻酔法を利用して、痛みのない手術を受けることが可能です。包茎手術というと痛みを気にする人がいますが、最新の機器や方法によって安全・安心して利用することができます。施術を受けた患者のほとんどが痛くないと言っていて、スピーディ且つ無痛麻酔を体験することが可能です。それぞれの状態に合わせた最適な包茎手術を利用することができ、男性器は人それぞれ大きさや長さ、形なども異なります。男性器の長さや太さ・皮膚などのサイズを考慮しながら、ベストなデザインに仕上げることが可能です。勃起時の状態を想定しながら、環状溝(カリ首の溝)の下から1~3mmのところから余剰包皮小帯を最大限残すようデザインすることができます。亀頭直下埋没法は亀頭直下の環状溝と呼ばれている包皮が反転する部分を切除することが可能です。手術した後はくびわに隠れる仕組みになります。見た目がツートンカラーになることもなく、縫合は美容外科的技術で行うので手術をしたことが分からず、リーズナブルな費用です。

症状によって費用が異なります

一般的な包茎手術の費用相場として、切らない包茎の場合は30,000円ぐらいになります。仮性包茎の場合は70,000円ぐらいで、カントン・真性包茎の場合は130,000円です。短時間で施術することができ、その日から普通に生活できます。出血することはほとんどなく、安全・安心して利用することが可能です。傷を縫った糸はしばらくすると自然に溶ける素材になるので、抜糸のために再度来院することもないでしょう。通院することもなく、仕事で忙しい人も利用することができます。生活リズムを変えることなく、包茎手術を受けることができるので、これまでのコンプレックスを解消することができ家族にも悟られることがありません。治療した後のアフターケアを利用することができ、治療を受けてから何かしら不安なことや分からないことがあると、気軽に医師と相談することができます。クリニックの中には傷が治るまですべて無料の費用でアフターフォローを受けることができるところもあります。

まとめ

気軽に包茎手術を受けることができ、比較的リーズナブルな費用で利用することができます。最新の麻酔技術を利用して痛みのない施術を受けることができ、ベストなデザインに仕上げることが可能です。短時間で施術することができ、傷痕も目立ちません。日帰りで手術を利用することができ、普段の生活をおくることができます。これまでのコンプレックスを解消することができ、家族に気付かれずに治療することが可能です。それぞれの状態に合わせた最適な手術を利用することができます。